伝えたい、学びたい、HIVカウンセリング

伝えたい、学びたいHIVカウンセリング2

新潟大学医歯学総合病院感染管理部では、 冊子「伝えたい、学びたいHIVカウンセリング2」を刊行しました。

第2号は第1号とは違ったテーマに取り組み、また薬害HIV感染被害者遺族の方々からも寄稿して頂いております。

冊子に関するご希望・お問い合わせはこちらまで。

HIVカウンセリング表紙

平成21年11月 第1版 発行

内容のご紹介

まえがき

第1部 他領域の心理臨床HIVカウンセリング

 

HIVカウンセリングの特殊性と他領域との共通点

              

児童相談所の心理職の仕事と比較したHIV心理臨床

                      

第2部 薬物問題

 

資料:MSMの薬物使用の現状とその関連要因

                  

薬物依存傾向を持つHIV陽性者のカウンセリング

               

診療所における薬物使用経験のあるHIV感染者への支援

                              

第3部 特集:薬害HIV感染被害者遺族への支援の現状とこれから

 

特集にあたって

        

わかってほしいこと・望むこと

 

遺族相談員からのメッセージ

 

 遺族相談員として活動して

 

 カウンセラーに望むこと

 

 遺族相談員として思うこと、カウンセラーに望むこと

 

 思うこと、カウンセラーに伝えたいこと

           

第4部 チーム医療のおもしろさと難しさ

 

ソーシャルワーカーの立場から

 

医師の立場から

第5部 みんなの声

 

私に役立ったこの一冊

第6部 HIVカウンセリングの諸側面

 

よりよいチーム医療の実践のために他職種の研修をサポートする

 

地方における自助グループの現状と課題

 

外国人患者への関わりで学んだこと

 

カウンセリングを利用することに対して消極的、拒否的、無関心な陽性者への関わり

あとがき

問い合わせ・送付申込先

 

新潟大学医歯学総合病院感染管理部

 

tel:025-227-0841

 

fax:025-227-0727

 

(担当:衛藤・古谷野・中川)