HIV/AIDS関連ニュース HIV/AIDS関連文献 講習会のお知らせ 拠点病院一覧 関連リンク ホーム

『Doctor's Guide』というサイトからAIDS/HIVのnewsページを翻訳したものです。時には誤解、誤訳があるかもしれません。内容の真偽について保証できませんので、ご自分の責任で記事の内容を判断して下さい。また、間違いがありましたら、是非ご連絡ください。

05/02/28

新しい非ヌクレオチドアナログであるTMC278は"Proof-of-Principal" Trialにおいてウイルス量を低下させた
CROI: New Non-Nucleoside Analog TMC278 Reduces HIV Viral Load in"Proof-of-Principal" Trial

05/02/25 2回目の妊娠時にもnevirapineによりHIV母子感染率を低下できる
CROI: Low Rate of HIV Transmission With Nevirapine in Second Pregnancy
05/02/25 HIV感染治療の成功には、リポジストロフィー進行が危険因子のようだ。
Fat Loss in HIV Patients Seen as Risk to Successful Treatment
05/02/24 抗ウイルス薬の短期使用を含む独自のレジメンの使用は、 HIV 母子感染率を新生児の5 % 未満へ減少させる
CROI: Combivir Plus Nevirapine Cuts Mother-to-Child HIV Transmission to Less Than 5%
By Ed Susman
05/02/24 ウガンダの HIV 感染患者において、抗レトロウイルス療法で神経認知障害は改善する。
CROI:Neurocognition Improves Among HIV-Infected Ugandans Treated With Antiretroviral Therapy
By Ed Susman
05/02/24 抗ウイルス薬により、心臓発作の危険が2倍に増大する
CROI: Antiretroviral Drugs Linked to 2-Fold Risk of Having a Heart Attack By Ed Susman
05/02/24 HIV の母子感染予防のネビラピン内服をめぐる否定的見解が Reality Check により警鐘された。
Reality Check Urged to Get Past Controversies Surrounding Nevirapine to Prevent Mother-to-Child Transmission of HIV By Ed Susman
05/02/18 プロテアーゼインヒビター内服患者は、心臓障害のリスクに曝されているかもしれない。
HIV Patients May Be at Risk of Heart Problems When Taking Protease Inhibitors
05/02/17 HAART施行患者における、間欠的なHIVウイルス量の上昇(Blips)と薬剤耐性について
Intermittent HIV-1 viremia (Blips) and drug resistance in patients receiving HAART.
05/01/21 性交渉、薬物使用、偶発事故によるHIV感染予防のための抗HIV薬使用のためのCDCガイドライン
CDC Issues Updated Guidelines on Use of Antiretroviral Drugs to Prevent HIV Infection After Sexual, Drug Use, and Accidental Exposure
05/01/31 新たな治療ガイドラインで、エイズ合併症のサイトメガロウイルス網膜炎に対してValganciclovirが推奨されている
New Treatment Guidelines Recommend Valcyte (Valganciclovir) for AIDS-Related Cytomegalovirus Retinitis .
04/12/16 Tipranavir Mutation Scoreで、PI剤使用歴のある患者で治療成功できるかの予測ができる
HIV DART: Tipranavir Mutation Score Predicts Virologic Success in Protease Inhibitor-Experienced HIV-Positive Adults
04/12/16 前治療のあるHIV感染者においてチプラナビル/リトナビルが比較したリトナビルブーストPIより良い効果を示した。
Twenty-four Week Combined Analysis of the Tipranavir (TPV) RESIST Studies of 1483 Treatment-Experienced Patients Given Either Tipranavir/Ritonavir (TPV/R) or an Optimized Standard of Care Regimen Using One of Four Ritonavir-Boosted Comparator PIs (CPI/R).
04/11/18 ロピナビル/リトナビルを含むレジメンは治験担当医が選んだプロテアーゼ阻害剤のレジメンより優れている
HIV7: Lopinavir/Ritonavir Outperforms Investigator-Selected Protease Inhibitor Regimens
04/11/18 自己注射用のT-20(enfuvirtide)の使用継続に関しての特別なプログラム
HIV7: Special Program Overcomes Injection Fears; Keeps Patients on T-20
04/11/17 HIV ・ HCV の両者に感染している患者に対する HCV ウイルスの排除は Pegylated Interferon の A-2b への反応性による。
Response to Pegylated Interferon A-2b Predicts Clearance of Hepatitis C Virus in Patients Co-Infected With HIV
04/11/17 HIV7: Tenofovir と Nelfinavir の間に薬剤相互作用は認められない。
HIV7: No Drug-to-Drug Interactions Seen Between Tenofovir and Nelfinavir
04/11/16 Saquinavir の血中濃度の違い
HIV7: Differences in Patient Body Weight Impacts Blood Levels of Saquinavir
04/11/16 数回の前治療のある耐性ウイルス感染者が TMC125の使用により血中ウイルス量検出限界以下を達成した。Sustained Antiviral Activity of TMC125 Plus Optimised Antiretroviral Therapy in Highly Treatment-Experienced Patients.
04/11/15 HIV・Facial Wasting Syndromeに罹患した患者に対してCustom-Built Facial Implantsは有用である。
Custom-Built Facial Implants Helpful For Patients With HIV and Facial Wasting Syndrome
04/11/02 HIV ・ HCV の両者に感染している患者に対する HCV ウイルスの排除は Pegylated Interferon の A-2b への反応性による。
ICAAC: Response to Pegylated Interferon A-2b Predicts Clearance of Hepatitis C Virus in Patients Co-Infected With HIV
04/11/15 HIV患者は未だにHIV治療を受けているということに対して抵抗感を抱いている
HIV7: Patients Still Find Stigma About HIV Hinders Treatment Compliance
04/11/16 HIV7: Children With HIV Suppress Virus on emtricitabine Regimen
04/11/03 C 型肝炎と共感染した HIV 感染例では、女性、高齢が貧血発症の危険因子となる
Female Gender, Older Age Are Risks for Anemia in Patients Co-Infected With Hepatitis C and HIV
04/11/03 新しいファーストラインのHIV併用療法は、現在の標準治療よりも耐用性が高い
New First-Line HIV Combination May Be More Tolerable Than Standard Treatment
04/11/02 多剤耐性になったウイルス感染者はリトナビルでブーストされたチプラナビルが有用である可能性がある
RESIST-1: A Phase 3, Randomized, Controlled, Open-Label, Multicenter Trial Comparing Tipranavir/Ritonavir(TPV/r) to an Optimized Comparator Protease Inhibitor/r (CPI/r) Regimen in Antiretroviral (ARV) Experienced Patients: 24-Week Data. Abstract H-1137a
04/11/02 HIV感染患者において、Enfuvirtideの早期応答により長期効果を予測
ICAAC: Early Response to Enfuvirtide Predicts Long-Term Efficacy in HIV-Infected Patients
04/11/01 フュージョン阻害薬、T-1249の長期投与は、HIV感染のコントロールに有用であった
ICAAC: Chronic Administration of Fusion Inhibitor T-1249 Effective in Long-Term Control of HIV Infection
04/10/15 FDA Grants Traditional Approval for Fuzeon (enfuvirtide) Fusion Inhibitor for the Treatment of HIV
フゼオンのFDA正式認可
04/10/25 Dexamethasone for the treatment of tuberculous meningitis in adolescents and adults.
デキサメサゾンは、若年者や成人の結核性髄膜炎の治療に用いられる
04/10/08 IDSA: Females and Those With Many Daily Doses of HIV Therapy at Risk For Selective Drug Taking
女性や1日での内服回数が多いことは、治療中に薬を内服しない日を作る傾向がある
04/10/12 ANA: Treatment with Antiretroviral Therapy Increases risk of Sensory Neuropathies in HIV Patients
HIV感染患者において,抗HIV治療は感覚性ニューロパチー発症の危険性を高める
04/09/03 ワクチントライアルへの参加者の残した個人データからトライアルからドロップアウトしやすいグループを規定できる。
AIDS Vaccine 2004: Participant Retention Data Identifies Groups Less Likely to Remain in a Trial
04/09/03 過去の疫学調査は、感染率を予測する際に参考にするには不正確である
AIDS Vaccine 2004: Previous Epidemiological Studies Inaccurate When Used to Predict Phase 3 Infection Incidence
04/09/02 IAVIは二種類のHIVワクチン候補の開発を中止した.
AIDS Vaccine 2004: IAVI will Discontinue Development Efforts on Two Vaccine Candidates
04/09/01 ワクチンは、新たに感染した場合よりも、慢性的な場合に効果がある
AIDS Vaccine 2004: Vaccination Benefits Chronically Infected Individuals more than Newly Infected Patients
04/09/01 ワクチン開発と世界規模の協力体制が進歩している。
AIDS Vaccine 2004: Organizers See Progress in Search for Vaccine and Global Cooperation Organisers of the AIDS Vaccine 2004 
04/09/01 新しいガイドラインではHIV治療での重要な変化が強調されている
New Guidelines Emphasize Important Changes in HIV Care
04/08/31 HIV特異的CD4+・CD8+細胞の増殖は、ウイルス量とは独立した関係にあり、感染期間が長いとその増殖は抑制される。
AIDS Vaccine 2004:Proliferation of HIV-Specific CD4,CD8 Cells is Independent of Viral Load and Declines with Time
04/08/11 HIVとHCVの共感染に対し,ペグインターフェロンとリバビリンの併用法はウイルス量 の制御が有意に優れていた
Peginterferon Plus Ribavirin Produces Significantly Better Viral Control in Patients With HIV and Hepatitis C
04/08/05 ステロイドは、HIV陽性患者の結核性胸膜炎に対して効果がない
Prednisolone Ineffective Against HIV-Associated Pleural Tuberculosis
04/08/02 FDAがEpzicomを承認
FDA Approves Epzicom - A New HIV Medication Combining Two Antiretrovirals in Daily One Tablet
04/07/29 Pegasys Hepatitis C Combination Therapyにより、HIV感染症とC型肝炎の合併患者の40%に反応がみられた
Pegasys Hepatitis C Combination Therapy Providing Sustained Response in 40% of Patients with HIV and Hepatitis C
04/07/19 長期のHAARTでHIV感染者で一般的に脂肪減少がみられる
AIDS 2004: Generalized Fat Loss Seen in HIV-Infected Patients on Long-Term Highly Active Antiretroviral Therapy
04/07/15 インジナビルのエファナビルによる追加免疫は効果的で2年間の耐久性がある
AIDS 2004: Boosted Indinavir/Efavirenz Effective, Durable After Two Years
04/07/15 ハードジェル型のサキナビルを元にした治療は、HIV感染した妊婦に有効である
AIDS 2004: Hard Gel Saquinavir-Based Therapy Effective for HIV-Infected
Pregnant Women
04/07/02 CD4数は、3系統の抗ウイルス薬に対してウイルス不全となったHIV-1患者の死亡率の強力な予後因子のようである
CD4-Cell Count Seems a Strong Predictor of Mortality Among HIV-1 Patients with Virological Failure to 3 Antiretroviral Classes
04/07/01 Behavioural Intervention Reduced HIV Acquisitions in the Short-Term Among Men Who Have Sex with Men
04/07/05

HIVの流行はアフリカで続いているが、国による違いがある
HIV Prevalence Appears Stabilised In Sub-Saharan Africa, But Significant Differences Remain Between Countries

04/07/02 成人のHIV-1感染症に対するジェネリック薬の容量固定コンビネーション治療は、安全で効果的であるようだ(アフリカ発)
Generic Fixed-Dose Antiretroviral Combination Appears Safe, Effective in Adult African Patients with HIV-1 Infection
04/06/25 Cytomegalovirus Independently Associated with Disease Progression and Death Among HIV-Positive Patients Taking Highly Active Antiretroviral Therapy

04/06/10

生後3ヶ月の以前にスタブジン・ラミブジン・ネビラピン・ネルフィナビルの4者で治療開始された場合、長期間のHIVウイルス量抑制が得られる
Improved Long-Term HIV-1 Viral Suppression Apparent when Stavudine, Lamivudine, Nevirapine, and Nelfinavir Initiated Before 3 Months of Age

04/05/28 アンホテリシンBとフルシトシンはHIV関連クリプトコッカス髄膜炎の患者に対し即効性殺真菌性を有する
Amphotericin B plus Flucytosine Induces Rapid Fungicidal Activity in Patients With HIV-Associated Cryptococcal Meningitis
04/05/20 日に1回服用の抗HIV薬を1週間毎に使うことでHIV治療にかかる費用を削減できる。
Weekly Cycles of Once-Daily Anti-HIV drugs Could Reduce Cost of HIV Treatment
04/05/18 HIV治療のインターナショナルガイドライン・コンセンサスおける
Fuseon (Enfuvirtide)の位置づけ First International Consensus Guidelines Published for HIV Treatment Fuzeon (Enfuvirtide)
04/05/10 PEG-IFNα2aとリバビリンはHCVとHIVの両方とも感染している患者に効果がある
ECCMID: Pegylated Interferon-alpha 2a + Ribavirin Effective in Patients with Both Hepatitis C and HIV
04/05/06 12週間のペグインターフェロンα2Bの治療は、急性C型肝炎に効果的である。
ECCMID: 12-Week Pegylated Interferon Alpha-2b Treatment Effective in Acute Hepatitis C Patients
04/04/29 初回治療で3種の核酸系抗ウイルス薬のレジメンは、Efavirenzを含むレジメンと比較して、治療失敗例が多いInitial Triple-Nucleoside Antiretroviral Regimen Results in Higher Virologic Failure Rates than Initial Regimens Containing Efavirenz for HIV-1 Infection
04/04/27

HIV患者における短期間の休止期をはさんで繰り返す長期の免疫賦活治療
Induction and maintenance therapy with intermittent interleukin-2 in HIV-1 infection.

04/04/29 HIVは急性感染中には伝達力が増す。
HIV Transmission Heightened During Acute Infection  
04/04/29 喫煙はHIV感染女性のパピローマウイルス感染の危険を増大させる
Smoking Increases Papillomavirus Risk in HIV-Infected Women
04/04/27 テストステロン置換はHIV感染女性の筋力と機能を回復させる
Testosterone Replacement Improves Muscle Strength, Function in HIV-Infected Women
04/04/26 HIV関連非ホジキンリンパ腫患者における経静脈的化学療法の効果について
Infusional Chemotherapy Regimen Evaluated in Patients With HIV-Associated Non-Hodgkins Lymphoma
04/04/19 ネビラピンもしくはエファビレンツに、スタブジン・ラミブジン両剤を加えたレジメンでは、HIV-1感染の初回治療において同等の効果を示す。
Nevirapine or Efavirenz, Combined with Stavudine and Lamivudine, Show Similar Efficacy in Antiretroviral-Naive Patients with Chronic HIV-1 Infection
04/04/16 FDAはHIV感染症のコンビネーション治療としてザイアジェンを推奨している。
FDA Approves Ziagen for Treatment of HIV Infection in Combination Therapy
04/04/14 HIVの治療薬のFuzeon (Enfuvirtide)が今月末には米国で使用可能となる
HIV Treatment Fuzeon (Enfuvirtide) to be Widely Available in US
04/03/25 気管支喘息合併のHIV感染小児はCD4細胞数の立ち上がりが良好な場合に喘息症状が増悪する。
HIV-Related Risk Factors for Asthma in Children. Abstract 405
21st American Academy of Allergy, Asthma, and Immunology's 60th Annual Meeting
04/02/13 Bisexual Menにより女性へのHIV感染が拡大しているのかもしれない。
CROI: Bisexual Men May Be Transmitting HIV to Women 
04/02/13

メタンフェタミンの使用でHIVのリスクが上昇している
Crystal Methamphetamine Use Increases HIV Risk  

04/02/13

粘膜の同種免疫はパートナー間の精液や膣分泌液の抗原に対する反応で誘導される
Mucosal Alloimmunisation May be Induced in Response to Antigens in Seminal and Vaginal Secretions of Heterosexual Monogamous Partners

04/02/13 カレトラの一日一回内服は二回分服と同じように効果を示す
Once-daily vs Twice-daily Lopinavir/ritonavir in Antiretroviral-naive Patients: 48-Week Results. Abstract 570
04/02/13 HIV/HCV重複患者のC型肝炎に対するペグインターフェロンα2Aとリバビリンの併用効果について
CROI: Peginterferon- alpha-2a plus Ribavirin Effective for Patients With Hepatitis C and HIV
04/02/13 Variant 酵素によりefavirenzの代謝時間は人種間で異なる
CROI: Variant Enzyme Accounts for Different Efavirenz Clearance Times Among the Races
04/02/13

白人ではエファビレンツが体内から速く除去される。
Caucasians Clear Efavirenz Faster

04/02/13 治療失敗した患者の治療にプロテアーゼ阻害薬の併用は役立つ
CROI: Doubling Up on Protease Inhibitor Helps Control Viral Infection in HIV Patients in Virologic Failure
04/02/12 マリファナ吸飲はHIV感染に伴う神経障害を改善する。
The Effect of Smoked Marijuana on Chronic Neuropathic and Experimentally Induced Pain in HIV Neuropathy: Results of an Open-label Pilot Study.
04/02/12 HIV感染にC型肝炎を合併すると死亡のリスクが増加する。
CROI: Hepatitis C Co-Infection Increases Risk of Death Among HIV-Infected Patients
04/02/12 プロテアーゼ阻害薬と心疾患の増加との関連
CROI: Protease Inhibitors Linked to Increased Heart Disease in HIV Patients
04/02/12 HIV RNAのスクリーニングは黒人大学生でのHIV流行を明らかにする。
CROI: HIV RNA Screening Uncovers HIV Outbreak Among Black College Students
04/02/12 リチウムがHIV患者に見られる認知障害を改善するかもしれない。
CROI: Lithium Might Improve Cognitive Impairment in Patients With HIV
04/02/12 HIV感染患者の中でAIDSと関係のない癌が増加している
CROI: Non-AIDS-Defining Cancers Increasing Among HIV-Infected Individuals
04/02/12 Enfuvirtide の脂質代謝への効果について
CROI: Enfuvirtide Does Not Cause Lipid Complications in Patients with Human Immunodeficiency Virus
04/02/12 Stavudine は脂肪肝の危険性を高くする
CROI: Stavudine Raises Risk of Fatty Liver
04/02/12 HIV感染女性に対してのテストステロン治療が提案されている。
CROI: Study Suggests Replacing Testosterone for Women With HIV
04/02/12 中枢神経系の薬剤は、 HIV 感染による脳障害に対しては効果を示さない
CROI: Central-Nervous-System Drugs Fail to Work Against Brain Injury From Human Immunodeficiency Virus Infection
04/02/12

ネビラピンとジドブジンの内服は HIVの出生時母児感染を抑える。
A Randomized, Double-blind Trial Assessing the Efficacy of Single-dose Perinatal Nevirapine Added to a Standard Zidovudine Regimen for the Prevention of Mother-to-child Transmission of HIV-1 in Thailand. Abstract 40

04/02/11 Tenofovirの使用は腎に対して安全である。
CROI: Tenofovir Appears Safe on the Kidneys
04/02/11 CROI: Start with Four Drugs to Combat HIV
04/02/10 抗HIV療法を受けている患者でも脳障害は進行する
Neuropathogenic Manifestations of HIV Infection. Abstract 33
04/02/10 Efavirenz使用により、耐性ウイルスが出現してきている
CROI: Resistant Virus Emerges with Efavirenz Use
04/02/10 Nevirapineは出産時のHIV感染を防ぐが、耐性を助長する。
Nevirapine Cuts HIV Transmission at Birth But Spurs Resistance
04/02/10 TenofovirプラスTrizivirの1日1回内服療法はHIVを抑制する
CROI: Once Daily Tenofovir Plus Trizivir Results in HIV Suppression
04/02/11 THIV感染患者においてロピナビル/リトナビル配合剤(カトレラ)内服による中性脂肪値上昇の危険性について。
CROI: Triglycerides Higher With Lopinavir-Boosted Regimen, But Not With Saquinavir-Boosted Treatment
04/01/27 プロテアーゼ阻害薬を用いた3剤の抗ウイルス療法は、NNRTI剤nevirapine or delavirdineを用いた3剤併用療法よりも良い臨床効果を示す
Protease Inhibitor-Based Triple Antiretroviral Combinations Show Greater Clinical Efficacy Than Triple Non-Nucleoside Analogue Reverse Transcriptase Inhibitor Regimens - (DGReview: BMJ)
04/01/20 Lexiva (Fosamprenavir) はNelfinavirと比較したstudyでは一般的に忍容性がいい
Lexiva (Fosamprenavir) Generally Well Tolerated in Study Comparing Drug with Nelfinavir - (DGNews)
04/01/06 安定したパートナーシップはHAARTにおけるAIDSやHIV関連死への進行を遅くする
Stable Partnership Linked with Slower Progression to AIDS or Death in HIV Infected Individuals on Highly Active Antiretroviral Therapy - (DGReview: BMJ)
03/12/22 プロテアーゼ阻害薬(PI)を基本とする併用療法は、重篤な免疫不全状態以前や、より早い年齢時に始めると効果的である。
Protease-Inhibitor Based Combination Therapy in Children May be More Effective if Initiated Prior to Severe Immunosuppression and at a Younger Age - (DGReview: Lancet)
03/12/15 Zidovudine, Lamivudine, and Efavirenz による3-Drug RegimenはHIV-1患者の初回治療として最善の選択である。
3-Drug Regimen of Zidovudine, Lamivudine, and Efavirenz Seems Optimal as Initial Therapy for HIV-1 Infected Individuals - (DGReview: N Engl J Med)
03/11/21 HIV、HCVの重複感染者におけるHAARTでは、肝毒性より有益性のほうが上回る。
HAART Benefits Outweigh Risks of Liver Toxicity in Patients With HIV HCV Coinfection
03/11/20 多剤併用抗ウイルス療法は、心筋梗塞の危険を増加させるのだろうか。
Combined Antiretroviral Therapy May Increase the Incidence of Myocardial Infarction
03/11/20 HAARTを受けているHIV患者の骨密度減少症の拡大
Relationship Between Low Bone Mineral Density and Highly Active Antiretroviral Therapy Including Protease Inhibitors in HIV-Infected Patients
03/11/18 重度の抗レトロウイルス治療を受けた患者において高反応を期待しうるブーストされた二種のプロテアーゼ阻害薬レジメ
EACS: Boosted Dual Protease Inhibitor Regimen Associated With High Response Rates in Heavily Antiretroviral-Experienced Patients