HIV/AIDS関連ニュース HIV/AIDS関連文献 講習会のお知らせ 拠点病院一覧 関連リンク ホーム

『Doctor's Guide』というサイトからAIDS/HIVのnewsページを翻訳したものです。時には誤解、誤訳があるかもしれません。内容の真偽について保証できませんので、ご自分の責任で記事の内容を判断して下さい。また、間違いがありましたら、是非ご連絡ください。

07/02/28 蚊帳と抗菌薬が劇的にHIVの小児でのマラリア症例を減少させる。
07/02/28 Slight Increase in Cardiovascular Risk Seen With Intermittent Antiretroviral Therapy: Presented at CROI
07/02/27 NRTIは血中脂質や体脂肪にさまざまな影響を及ぼす
07/02/22 単純ヘルペスを抑制する治療でHIV-1のRNAレベルが低下する
07/02/27 南アフリカにおいては、HIV拡大には(就労による)移動が重要な要素である。
07/02/02 FDAがアンホテリシンの治験薬であるBioral(R)を新たに承認したとBDSI社が伝えた
07/01/23 セレンのサプリメントはHIVウイルス量を減少させるのに貢献する
07/01/25 Common Parasitic Infection Leads to Increased Risk for HIV Infection
07/01/11 周産期のネビラピンの単回投与後の抗ウイルス治療の反応
06/12/27 FDA Approves Radiesse(R) Facial Filler for Two New Aesthetic Indications
06/12/19 HIV感染者は手術後、肺炎の合併や死亡するリスクが高い
06/12/15 HIVのためのSingle Treatmentとしての新しいDrug Offers Promise
06/12/14 Baseline Phenotypic Fold Change and Darunavir-Associated Mutations Predict Virologic Responses in Patient Treated With Combined Darunavir and Low-Dose Ritonavir: Presented at HIV-DART
06/12/14 ダルナビルとリトナビルの併用レジメンは、抗レトロウイルス療法を経験した患者において著明にウイルス学的な反応を認める
06/12/14 成人男性の割礼はHIV感染のリスクを著しく下げる〜ケニアとウガンダのトライアルより〜
06/12/14 テノホビルとチミジンアナログを含んだレジメンは抗レトロウイルス治療未経験の女性では同様の効果がある。
06/12/08 Hormonal Contraception Does Not Appear to Increase HIV Risk
06/09/30 Once-Daily Tenofovir/Emtricitabine/Efavirenz Combination Linked to Lower Rate of Resistance Than Twice-Daily Zidovudine/Lamivudine/Efavirenz: Presented at ICAAC
06/09/30 チプラナビル/リトナビルは96週間にわたってリトナビルでブーストされたプロテアーゼ阻害剤を超える効果を示した。
06/10/02 「HIV感染者は針不要のEnfuvirtideシステムを好む」ICAACでの発表
06/09/27 無治療HIV感染者における血漿HIV-RNAレベルを用いたCD4数の減少率の予測値
06/09/28 インテグラーゼ阻害剤を使用したHIV感染者では脂質に変化はなかった。
06/08/29 Pharmexa Receives Approval to Start Phase 1b Trial in the U.S. With HIV Vaccine
06/09/14 Cost-effectiveness of HIV treatment in resource-poor settings--the case of Cote d'Ivoire.
06/08/18 出生時の摂食介入と混合した短期間の抗ウイルスレジメンは、HIVの母子感染を予防する
06/09/14 中外製薬が9月15日にHIV プロテアーゼインヒビターであるインビラーゼ錠500mgを発売
06/08/31 新規の強力なHIV治療は、服薬が完全でなくても効果的かもしれない
06/08/22 New Treatment Guidelines for HIV Released: Presented at AIDS 2006
06/08/17 Older Age Associated With Reduced Tolerability of Antiretrovirals: Presented at AIDS 2006
06/08/16 No Drug-Drug Interaction Between Ritonavir-Boosted HIV Integrase Inhibitor and Zidovudine: Presented at AIDS 2006
06/08/17 Protease-Inhibitor Based HAART Associated With Progression of Liver Fibrosis in HCV Coinfected Patients: Presented at AIDS 2006
06/08/17 ロシアのHIV母子感染がハイリスクな産科病院で、垂直感染予防に迅速検査の施行が有用であった。
06/08/18 HIV予防プログラムを行うことはラテン系の若者に有効である。
06/08/17 HAART開始の最適なタイミングは新しい治療レジメンでは異なるのだろうか?
06/08/17 割礼はHIV感染に対する防御にはならない
06/08/17 Older Age Associated With Reduced Tolerability of Antiretrovirals: Presented at AIDS 2006
06/08/17 高リスクの習慣:ロンドンにおけるHIV感染の上昇
06/08/17 Study Finds HIV Hiding From Drugs in Gut, Preventing Immune Recovery Findings indicate need for reevaluation of treatment strategy
06/08/01 HIV治療の“休日”は良いどころか大幅に有害である。
HIV Treatment 'Holidays' Do More Harm Than Good
06/07/24 First and Only Oral Medication Approved for Pulmonary Arterial Hypertension in HIV Patients
06/07/12 U.S. FDA Approves Atripla (Efavirenz/Emtricitabine/Tenofovir disoproxil fumarate), First Once-Daily Single Tablet Regimen for Adults With HIV-1 Infection
06/07/03 FDA は、 3 剤合剤の AIDS 薬を仮認可した。
06/07/03 ヨーロッパでカレトラ ( ロピナビル / リトナビル ) の新しい剤型が承認された
06/06/30 New Data Show Enfuvirtide Continues to Provide Significant Immune System Benefits in Patients Despite Ongoing Viral Replication
06/06/30 New Study Calculates Millions of Years Saved in Lives of AIDS Patients
06/06/20 HIV 陽性患者の半数では、左室拡張障害がある
06/07/03 現行の薬に反応しない患者に対して HIV の新しい治療が FDA に承認された。
06/06/12 National Institute of Child Health and Human Development 母子研究センター・小児、思春期、妊産婦のエイズ部門 Rockville, Maryland, USA.からの報告
06/06/12 HIV感染患者では、クレアチニンと肝酵素の上昇がある
06/05/16 Preliminary 48-Week Results from Head-to-Head Clinical Study of HIV Protease Inhibitors Lexiva (Telzir) and Kaletra in Treatment-naive Patients with HIV
06/06/12 Affective Disorders in Patients with HIV Infection : Impact of Antiretroviral Therapy.HIV感染患者における感情的な障害
06/05/15 初回治療HIV患者へのプロテアーゼインヒビターの2種類 Lexiva (Telzir)と Kaletra とのHead-to-Head Clinical Study 48週後のPreliminaryな結果
06/05/15 Enfuvirtideのベースライン治療薬としての治験とTORO-1とTORO-2の2つのPhase III臨床治験におけるEnvelope Glycoproteinであるgp41のGenotypeとPhenotypeとしての薬剤感受性の特徴
06/05/15 エファビレンツの使用は、うつへリスクには関係ない。(臨床試験のサブ解析)
06/05/15 カメルーンの母子感染対策 
06/05/15 疼痛生のHIV関連神経症に対するTheraQuest社のTramadol ER がFDAのFast Trackの認可を獲得した
06/05/11 HIV感染妊婦では鬱病の頻度が増える
06/05/11 Antiretrovirals Appear Safe During Pregnancy: Presented at ACOG
06/05/10 カルシウムとビタミンDのサプリメントはウイルス治療中の坑HIV感染小児の骨密度を改善する
06/04/24 Antiretroviral medications associated with elevated blood pressure among patients receiving highly active antiretroviral therapy.
06/04/18 疼痛生のHIV関連神経症に対するTheraQuest社のTramadol ER がFDAのFast Trackの認可を獲得した。
06/04 HAART後の甲状腺機能 : 長期観察研究
06/03/29 Is Elective Caesarian Section Really Essential for Prevention of Mother to Child Transmission of HIV in the Era of Antiretroviral Therapy and Abstinence of Breast Feeding?
06/04/05 新しい抗HIV薬2剤組み合わせを進行期のHIV患者で検討したPilot studyが報告された。
06/04 HIV感染患者のQT延長にHCVの重複感染が重要である
06/04/17 東ヨーロッパでは結核発症のAIDSが増えている
06/04/05 HIV感染症の治療においてTenofovir DFは、発売後4年間にわたり安全であることが確認された
06/04/04 合成ポリマーの注入が、HIV感染症治療薬の関連するFacial Wasting Syndromeの改善をするかもしれない
06/04/04 HAARTの失敗の原因と期間、それらへの注意の重要性: Presented at BHIVA
06/04/04 Efficacy of TMC114/r in Treatment-Experienced HIV Patients: Presented atBHIVABy Ted Bosworth
06/04/04 ロピナビルでブーストされたリトナビル(カレトラ)の単剤治療は、ウイルス学的反応に関係なしに、免疫学的に改善される。
06/02/20 Anabolic Steroidの使用は心疾患発作のリスクと肝障害の頻度を高める
06/02/10 New Research Reaffirms Tropism Independence of TNX-355; Data for Tanox's Novel HIV Viral Entry Inhibitor Presented at 2006 CROI DENVER, CO
06/02/10 Postmarketing studies find no surprises in safety profile of tenofovir after 4 years of use.
06/02/03 抗ウイルス療法はHIV関連悪性腫瘍の罹患率を削減する。
06/02/08 アメリカ合衆国がスポンサーとなったSMART CD4-Guidedトライアルは、失敗に終わった。
06/02/08 Atazanvir/Ritonavir Monotherapy Maintains Viral Suppretion in Pilot Study
06/02/03 HIV 患者では、プロテアーゼ阻害薬とステロイドの併用は、薬物相互作用により骨障害のリスクが増すかもしれない。
06/02/07 MRSA Bloodstream Infections Occur More Frequently in HIV-Infected Patients With Low CD-4 Count: Presented at CROI
06/02/07 OraQuick HIV Tests Validated in CDC Study
06/01/24 人種 / 民族はいくつかの HIV-1 治療の効果予測指標になる。
Race/Ethnicity Is Predictor for Some HIV-1 Therapy
06/01/18 International HIV/AIDS Trial にて抗レトロウイルス治療の継続が挿話的な治療より優れていた。
International HIV/AIDS Trial Finds Continuous Antiretroviral Therapy Superior to Episodic Therapy
06/01/23 Tenofovir DF, emtricitabine, and efavirenz vs. zidovudine, lamivudine, and efavirenz for HIV.
  Combination HIV Drug Trizivir, Along with Tenofovir, Well Tolerated: Presented at ICAAC
05/12/24 Lower Doses of Mycobutin (rifabutin), Every Other Day, May Offer as Much Protection as Standard Doses in Advanced HIV: Presented at ICAAC By Paula Moyer
05/12/06 一卵性双生児でさえHIVに対する免疫応答には差がでる。
05/12/02 N Engl J Med. 2005 Dec 1;353(22):2325-34.
Antiretroviral therapy in a thousand patients with AIDS in Haiti.
05/11/30 Number of Pills Affects Adherence to HIV Treatment Regimens Patients Taking Combination Pills Three Times More Likely to Refill Prescriptions on Time
05/11/22 Latest advances in health psychology may help physicians implement improved HIV care
05/07/29 新しいKaletra Tablet
New Kaletra Tablet Promises Fewer Pills, Smoother Pharmacokinetics
05/07/29 Tenofovir への耐性は未だ認められていない。
Tenofovir Resistance Not Found in Study 934: Presented at IAS-HIV
05/07/28 B 型肝炎ウイルス感染や C 型肝炎ウイルス感染を合併した HIV 患者でのプロテアーゼ阻害剤 fosamprenavir は、認容された
Fosamprenavir Safe, Well Tolerated in HIV Patients With Hepatitis
05/07/28 アタザナビルとオメプラゾールに相互作用がある。
Interaction Found Between Atazanavir and Omeprazole: Presented at IAS-HIV
05/07/28 FTC-Tenofovir-Efavirenz Regimen Appears More Effective in Suppressing HIV Than AZT-3TC-Efavirenz:Presented at IAS-HIV
05/07/28 Tenofovir Plus Didanosine Safe, Effective
05/07/28 TMC114 plus Ritonavir Shows Potent Antiviral Activity: Presented at IAS-HIV
05/07/28 カレトラ単独治療されている症例のうち80% の患者が 48 週時点でのウイルス量抑制状態を維持できている。
05/07/28 一日一回のEfavirenz-Abacavir-Lamivudineレジメンンは有効で忍容性も高い。
05/07/27 Osteopenia and Osteoporosis Prevalent Among HIV-Infected Patients: Presented at IAS-HIV
05/07/28 Enfuvirtide (T20) Plasma Levels and Injection Site Reactions (ISRs) Using a Novel Needle-Free Gas-Powered Injection System.
05/07/28 1日1回投与のTenofovirを使用するレジメンは安全でよいウイルス学的効果が達成できる。
05/07/27 Improvement in Lipotrophy and Lipid Abnormalities
05/07/27 Circumcision Reduces Female-to-Male HIV Infection by 65% in Study of South
African Community: Presented at IAS-HIV
05/07/26 成長ホルモンがCD4細胞数の増加を後押しするかもしれない。
-3rd International AIDS Society Conference IAS-HIVからー
05/07/26 Methamphetamine Use May Raise Risk of Drug-Resistant HIV Spread: Presented at IAS-HIV
05/07/26

週末の休薬を行うレジメンでも患者は、HIVのウイルスレベルを制御できた。
Patients Remain in Control of HIV Despite Weekend Holidays: Presented at IAS-HIV

05/07/26 Didanosine-Lamivudine-Efavirenzの一日一回内服は安全で効果的である。
05/07/19 FDA Grants Fast Track Status for the Investigational HIV Protease Inhibitor 640385 (VX-385)
05/07/15 抗HIV療法は、キーとなるT細胞の生存期間を大幅に延長したことがわかった。
05/07/06 Megace ES; FDAの承認について
05/06/23 FDAは併用療法のひとつとしての新しいプロテアーゼ阻害薬(Approves)を認可する。
Boehringer Ingelheim Pharmaceuticals, Inc. today announced that the U.S. Food and Drug Administration (FDA) has granted accelerated approval of Aptivus (tipranavir) capsules
05/06/22 Prevalence of Arterial Hypertension and Lipid Profile in HIV Patients: Presented at EMH
ヨーロッパ高血圧ミーティングでのHIV患者の高血圧と血清脂質値についての知見
05/06/10 Effect of routine isoniazid preventive therapy on tuberculosis incidence among HIV-infected men in South Africa: a novel randomized incremental recruitment study. JAMA. 2005 Jun 8;293(22):2790-3
05/06/02 Drug to Block Mother-to-Child HIV Transmission Induces Resistance More Often Than Previously Thought
HIVの母子感染を予防する薬は、想像されていた以上に耐性を誘導する
05/05/18 RocheはFortvaseの供給をInviraseR500mg錠だけにしてその他は2006年までに終了する ことを2005年5月18日に発表した。
Roche to Voluntarily Discontinue Anti-HIV Medication Fortovase ・in Early 2006
05/05/13 アメリカにおける小児HIV感染の抗レトロウイルス療法:臨床治験から治療の実践まで
Antiretroviral treatment in pediatric HIV infection in the United States: from clinical trials to clinical practice.
05/05/02 ホルモン避妊薬は治療に影響しない
HIV Treatment Not Affected by Hormonal Birth Control
05/05/02 FDA は、1日1回のカレトラ (Lopinavir/Ritonavir) を主体とした治療レジメンを承認した。
FDA Approves Once-Daily Kaletra-Based (Lopinavir/Ritonavir) Treatment Regimen
05/04/28 母乳栄養の方が HIV 感染や新生児死亡を減らす
Exclusive Breastfeeding Reduces Risk of Mother-to-Child HIV Transmission
05/04/27 HIV感染患者の新たな腎疾患のスクリーニング法のガイドラインについて
New Guidelines Recommend Screening HIV-Infected Patients for Kidney Disease
05/04/18 テノフォビルとジダノシンの併用により完全なウイルス増殖抑制が得られている患者においてCD4T細胞のパラドキシカルな減少が起こる。
Paradoxical CD4+ T-cell decline in HIV-infected patients with complete virus suppression taking tenofovir and didanosine
05/04/18 抗ウイルス療法に失敗した、HIV感染患者の新たな治療を行う際のウイルス学的反応に関する要素に関しての研究
Factors associated with virological response in HIV-infected patients failing antiretroviral therapy: a prospective cohort study.
05/04/18 Mycobacterium peregrinum感染の症例報告が、Internal Medicine 2004年3月に収載された。国立病院機構千葉医療センターの症例
Mycobacterium peregrinum infection in a patient with AIDS
05/03/30

H プライマリーヘルスケアの一貫として、性的に活動的な者のすべてにルーチンにHIV検査を課すべきである
HIV Testing Should Be Routine Part of Primary Health Care for Sexually Active Patients

05/03/25 HIV感染、CD4数、HPV感染の状態が、子宮頚癌の頻度と関連する
Incidence of cervical squamous intraepithelial lesions associated with HIV serostatus, CD4 cell counts, and human papillomavirus test results.
05/02/18 HIV関連ニューロパチーの治療に対する1日1回投与 Tramadolの稀用薬の位置付け
Orphan Drug Status Granted for Once-Daily Tramadol for Treatment of HIV -Associated Neuropathy